透析室

dialysis_img.jpg
近年の糖尿病患者の増加と国民の長寿化を反映し、この25年で透析患者数は約3倍に増え、また高齢者の透析導入も増え平均13歳高齢化しています。透析療法のニーズの高まりに応えるだけではなく、心不全などの循環器疾患や脳血管障害など他の疾患をすでに合併した腎不全患者さんに対するきめ濃やかな一貫した治療が求められます。北海道大野記念病院は新棟開業に合わせ、従来入院患者に限定して行ってきた透析医療を外来通院患者にも対象を拡大いたしました。ここで当院の透析室の特徴についてご説明いたします。
慢性腎不全の進行を見据え、3種の腎代替療法:血液透析・腹膜透析・腎移植について理解し適切に選択できるようご説明と支援を行います。血液透析・腹膜透析はともに導入、維持を受け入れており、移植については適切な医療機関をご紹介します。

  • がん・脳血管疾患・心臓疾患・運動器疾患を中心とした多機能高度急性期病院として、当院が治療対象とする如何なる疾患を併発した方でも適切な透析治療を継続します。透析されている方に対する様々な科での外科手術の周術期管理、術後リハビリテーションが可能です。
  • On-line HDF, I-HDFをはじめ持続的腎代替療法(CRRT)などに対応、ICUでの救命的緊急透析、多臓器不全に対する血液浄化なども日常的に行っています。
  • 質の高い透析によってQOLをあげるため、定期的なデータの確認とカンファレンスを通して透析条件を適宜再調整し最適な状態をめざします。
  • 長期透析によって現れる合併症に対しては、日常的に連携できる院内の多くの専門医やチームと集学的診療体系を築いており、効率的で安心できる医療を提供いたします。
  • 内シャントに代表されるバスキュラーアクセスの作成およびアクセストラブルに対する血管内治療や外科的血管修復術などは豊富な経験をもつ当院の強みです。
  • 糖尿病をはじめ足病変のリスクを抱える患者さんに対してのフットケアは診断機器も揃え、予防から治療まで一貫して実施しております。
  • 自宅と病院間の専用車両による送迎を行っております。
  • 旅行透析など一時的透析にも対応します。

当院の特性として心臓・血管系、脳外科や整形外科領域の疾患や悪性疾患をすでに持ち、日常生活機能の低下した方々や高齢の方々を多く手掛けてきており、如何に良い透析を受けて頂くか、チーム一丸で努力しております。
ご要望などがありましたら随時お受けいたしますのでお気軽にお問い合わせください。
 
心臓血管外科 横山秀雄医師
担当医師紹介 
心臓血管外科 横山秀雄
透析指導医 泌尿器科 松井傑(桑園中央病院院長)
透析日(定期)
 
午前
8:30~14:30
午後
12:30~18:30
     
※上記以外のご希望がございましたらご相談下さい。
機器
透析監視装置
血液浄化器(透析器等)を用いて血液中から有害物質を除去することを目的とした透析装置です。多人数用透析液供給装置から送液された透析液を患者の体温まで加温し、温度制御機能、血液浄化器へ流入させる透析液の流量調節機能、除水機能、動脈圧と静脈圧および透析液圧等のモニタ機能を備えています。
dialysis_img03.jpg
TR-3300M
使用可能モード:HD・on-lineHDF・IHDF・ECUM
dialysis_img04.jpg
TR-3000S(個人機)
使用可能モード:HD・ECUM
水処理装置
dialysis_img05.jpg
TW-1800R
逆浸透法精製水製造装置は、一般的にRO(Reverse Osmosis)装置と呼ばれ、水道水に含まれる不純物を逆浸透法で除去し、純度・清浄度の高い水(RO水)を精製する装置です。
透析医療では本装置にて精製されたRO水を透析液原液の希釈に利用し透析用水として使用します。
また、RO装置では逆浸透の原理のほか、RO膜の負荷軽減を目的としてイオン交換法、吸着法などを用いて様々な不純物の除去を行っています。
粉末溶解装置
粉末タイプの透析用剤装置であり、透析用A粉末剤、B粉末剤を透析用水で溶解し透析液A原液、透析液B原液を調製します。
dialysis_img06.jpg
TP-AHI-R
dialysis_img07.jpg
TP-BHI-R

透析液供給装置
dialysis_img08.jpg
TC-40HI
透析液原液(A原液、B原液)とRO水を連続比率混合方式により一定比率で正確に混合し、複数台数分の透析液を調製して透析用監視装置に供給します。
設備
dialysis_img09.jpg
テレビ
dialysis_img10.jpg
更衣室

dialysis_img11.jpg
待合室
dialysis_img02.jpg
透析室入口
フットケア
医師指示のもと、看護師と臨床工学技士で患者様の足の観察やフットケアを実施しています。透析患者様の歩行を守るため各科と連携し、下肢末梢動脈疾患指導管理加算(100点)や糖尿病合併症管理加算(170点)の算定を実施しています。
スタッフ構成
看護師6名 臨床工学技士3名
スペシャリストが在籍しています。透析患者さんの日常生活を支援いたします。

透析関連の認定資格 看護師
(透析)
臨床工学技士
(透析)
管理栄養士
(院内)
薬剤師
(院内)
透析看護認定看護師 1名
慢性腎臓病療養指導看護師(DLN) 2名
腎臓病療養指導士 2名 1名 1名
透析技術認定士 2名 1名
送迎バスの運行について
dialysis_img12.jpg 祝祭日を除く、月~土に地域を限定して対応しております。
お食事の提供について
dialysis_img13.jpg透析室食事.JPG 7階レストラン グレイス のお食事(普通食)をご利用いただけます。
※透析治療食の提供は行っておりません。
  • ご予約方法
    2日前までに透析室スタッフにお申し出下さい。
  • 1食(普通食)
    980円です。お支払いはレストランに直接お願いいたします。
旅行透析(臨時透析)の受け入れについて
日本国内及び海外からの旅行透析を受け入れています。英語を話せる看護師も常駐しています。
当院で外来透析を希望される患者様へ
木曜PM2~3時又は金曜AM10~12時に透析指導医による診察(面談)を実施いたします。診療予約と事前に書類の提出をお願いしております。
透析室にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先
北海道大野記念病院透析室(伊藤)まで
TEL:011-665-0020(代)