循環器内科

当科の特徴
当科は心血管疾患を内科的に診断・治療する診療科です。狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患や弁膜症、心筋症、心不全、各種不整脈、高血圧、大動脈疾患、末梢血管疾患など、多くの疾患を担当します。
心臓血管外科との30年にわたる有機的な恊働により確立した循環器疾患診療チームは、急性心筋梗塞や急性大動脈解離、急性心不全などの心血管救急疾患に24時間体制で対応します。低侵襲治療として現在もっとも注目されている経皮的大動脈弁植え込み術(TAVI)を循環器疾患診療チームの重点領域として今後も推進致します。
従来から当科の特長としているカテーテルインターベンションはそれそのものが低侵襲を目的として発展してきた治療法であり、器具の細径化、アプローチ部位の選定、止血デバイスの積極使用、さらには新規認証器具の早期導入を通じてさらなる低侵襲化とハイレベル化を目指します。施設認定されているロータブレーターとレーザー血管形成術は、引き続き他施設からの治療依頼に積極対応致します。カテーテル焼灼術(アブレーション)を駆使して、不整脈の低侵襲な根治術を実現します。植え込み型治療デバイスを含めた包括的治療により心不全患者の予後の改善に取り組みます。包括的心臓リハビリテーションを早期から施行することにより、退院後の社会復帰レベルを向上し再発を減らします。北海道大学病院で行われた心移植症例の外来リハビリ協力施設として機能します。

メディア掲載