消化器外科

当科の特徴
当科では、地域の基幹病院としての責務を果たすため、最新の診断機器と治療設備を活用し「人にやさしい最先端の医療の実践」を目指していきます。
近年、がんによる死亡が死因の一位となっており、全がん死亡者に占める消化器癌(食道、胃、大腸、肝、胆、膵)の割合は男女とも約6割を占めています。
従って、当科では地域のニーズに応えるべく、消化器がんの診断および治療に全力をあげて取り組んでいます。
また、高齢化社会にともない、心疾患・脳疾患などを合併したがん患者様が増えていますが、他科との連絡を密にして安全な治療をめざします。
近年のがん治療では、根治性とともに機能温存が求められています。当科でも、根治性を重視する一方、機能温存を目指した手術を行っていきます。例えば、胃癌に対する自律神経温存手術、幽門保存胃切除術、直腸癌に対する肛門括約筋温存手術などです。
また、患者さんの回復が早いと考えられている鏡視下手術(胆石症、食道癌、胃癌、大腸癌)ならびに最新のダヴィンチXiを用いた低侵襲ロボット手術も行っていきます。
一方では根治性を求め、進行癌に対する拡大手術や放射線・抗癌剤を併用した集学的治療も積極的に行っていきます。
当科スタッフ一同は患者様の立場にたち、患者様のご意見に耳を傾けながら、満足していただけるよう、より質の高い医療・看護を目指して努力しております。また病気のこと、健康のことなどについて気軽に相談して頂きたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
最新医療機器
  • ダヴィンチXi