心臓血管外科

medical19_01.jpg
当科の特徴
心臓血管疾患は、我が国において三大死因の一つであり、年々増加しております。特に心筋梗塞や急性大動脈解離は突然生命を脅かす疾患ですが、発症後の急性期における的確な診断・治療を行えれば、大多数の患者様は救命できる疾患です。
当科はこれら心臓・大血管などの循環器の病気を外科的に治療する診療科です。狭心症や心筋梗塞に対する心臓バイパス手術や、弁膜症に対する弁置換術や弁形成術、大動脈瘤に対する人工血管置換術など治療方法は多岐にわたります。 最近注目されているステントを用いて開腹せずに大動脈瘤を治療する大動脈ステント術グラフトも心臓血管外科の治療のひとつです。
当院は専門医を中心とした医療チームが最新の診断・治療機器を駆使し、診療にあたっています。特に患者さまへの手術侵襲(体への影響)をできるだけ小さくする、低侵襲の治療をめざしています。 冠動脈バイパス術では心臓を止めないで動かしたままで手術をする心拍動下冠 動脈バイパス術(OPCAB : Off-Pump Coronary Artery Bypass)を第一選択としま す。
弁膜症に対する手術では右前胸部に6cm程度の小切開で、手術を行う低侵襲心臓外科手術 (MICS : Minimally Invasive Cardiac Surgery)を行っております。
大動脈瘤に関しては可能な限りステントグラフト治療を行うようにしております。
また、緊急の手術を要する急性解離性大動脈や動脈瘤の破裂に対する受け入れ体制は当院では常に整っています。
そして患者さまができるだけ早期に社会復帰できるよう心臓リハビリテーションにも力を注いでおります。私達スタッフ一同は、皆様のご意見に耳を傾けながら、皆様に満足していただけるよう、より質の高い医療・看護をめざします。

  •  
最新医療機器

メディア掲載