放射線治療科

medical03_01.jpg
当科の特徴
当科では最先端の放射線治療技術、それは粒子線治療のみならず高精度高エネルギー放射線治療、および放射線生物学的治療を含むバランスのとれた総合的な癌治療の提供を目指します。
私たちは、大切な正常組織を温存し、初発再発/単発多発/原発転移を問わず、すべてに対しより根治的、開放的であり、苦痛と不安のない医療の機会を、開かれた医療環境の中で、最先端の情報処理技術で可能になったより高速で緊密な連携を行い、提供することを目指します。
3つの高精度・高機能な放射線治療機器:陽子線治療装置(2018年夏治療開始予定)、トモセラピー、サイバーナイフを全て有する我が国唯一の医療機関として、偏りのない適切な放射線治療を提供することができます。我が国で唯一、IVRの技術を用いた危険臓器回避術を用いることで、我々はかけがえのない正常組織を温存した放射線治療の提供ができます。これらの放射線治療戦略に、海外機関と連携し、世界で進む急速な選択的分子/免疫標的薬の発展を取り込み、ドラッグラグを乗り越えた最先端の治療機会を患者さまに提供していきます。生物学的な理論の上でがんの再発やその予防の指針を提供していきたいと考えます。それらをもって、戦う放射線治療科として、患者さまに寄り添い、望みを導き叶えていきたいと考えています。
最新医療機器
  • サイバーナイフ
  • トモセラピー
  • 陽子線治療装置(2018年夏治療開始)