当院における低侵襲治療のご紹介

右開胸小切開心臓手術 (MICS)
Minimally Invasive Cardiac Surgery
近年、小さな皮膚切開にて心臓手術を行う、いわゆる小切開心臓手術(MICS) が普及しています。当院で施行しているMICSについて御紹介いたします。

定義
心臓における低侵襲手術を明確に定義したものはありませんが、以下の2点が広く受け入れられています。1点目は人工心肺を使用しない心臓手術です。2点目は胸骨正中切開を行わない心臓手術であり、ポートアクセス法とも言われものです。その多くは右前胸部に小切開を置き、小さく右開胸を行い、そこから心臓手術を行うものです。現在、単に「MICS」と言う場合はこの右開胸小切開心臓手術を指すことが多いです。
MICSの場合
skk01.png
方法
手術体位は右胸を前方に出す左半側臥位とし、右腕を背側へ伸展し右側胸部を大きく露出する体位とします。皮膚切開は男性では右乳頭下部から第4肋間に沿って外側に切開し、女性では右乳房外側縁を切開します。これにより術後の傷が目立たなくなります。人工心肺の送血は右大腿動脈あるいは上行大動脈から行います。脱血は右内頚静脈と右大腿静脈から脱血管を上下大静脈に挿入します。
MICSの場合
skk02.png
適応
MICSの良い適応となる疾患は、僧帽弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、三尖弁閉鎖不全症、 大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、心房中隔欠損症、卵円孔開存症、左房粘液腫、 心房内腫瘍、ペースメーカーリード抜去術などが挙げ られます。
考察
MICSのメリットは創部が小さいため、術後の回復が早い点がまずあげられます。胸骨正中切開の症例に比べ、両上肢の運動による疼痛が無く、離床が進みます。退院してからも両上肢への負荷は特別に制限することはないので、早期に社会復帰、就業が可能です。胸骨を切開しないため、これに伴う骨髄炎や縦隔炎といった重篤な合併症を予防できることも大きな利点です。痛みや出血が少なく、これにより輸血の回避や軽減が可能です。創部が小さく、特に女性においては美容上有利です。また、従来の再手術では、以前の胸骨正中切開部を再度切開するため、癒着剥離を広範囲に行わなければなりません。これに伴う、心臓や肺への癒着剥離は危険性を伴います。特に冠動脈バイパス術後であれば、開存しているグラフトを損傷することは生命の危険に直接関係します。これに対してMICSによる再手術の場合は右心房自由壁、左心房ならびに右肺静脈前部、そして大動脈根部の一部のみを剥離することにより僧帽弁手術が可能であり、再手術においては非常に有利であると考えます。
MICSは、どの施設もで行えるという訳ではなく、専用の手術器具が必要であり、また習熟したチーム(手術室看護師、麻酔科医、臨床工学技士、臨床検査技師、外科医)でなくては不可能です。また狭い視野からの手術であり、ある程度の技術が外科医には要求されます。
最後に
当院では2012年11月より2016年6月までに35例のMICSを行っています。(男 性22例、女性13例、平均年齢59.9歳)。通常の胸骨正中切開による手術と遜色 ない成績であり、結果は良好でした。今後も当院では可能な限り低侵襲手術を 行っていきたいと考えております。