整形外科

当科の特徴
整形外科は四肢、骨盤、脊椎の外傷(けが)や、加齢や使いすぎによる変性疾患、リウマチなどの炎症性疾患、腫瘍性疾患を扱う科です。
対応する部位は非常に広く、当院は、総合病院であるため、合併症の多い患者さんでも他科と連携して治療を行うことが可能です。救急搬送の対応もおこなっております。
また、整形外科疾患(特に外傷(けが))では、リハビリテーションを含めて入院治療を数カ月要する場合もありますが、関連病院である札幌第一病院と密に連携して、初期治療から退院まで一貫した治療継続ができるようになっています。転院後も、主治医が定期的に加療できるよう、札幌第一病院でも当院常勤医が定期的に外来診療を行っております。(http://www.sapporo-daiichi.com

  • 外傷(けが)
当院では、整形外科領域のすべての外傷に対応可能です。四肢(手足)の骨折以外の、骨盤、脊椎の骨折にも十分な経験を有した医師がおります。また、重度四肢外傷(開放骨折や切断指肢)に関しても対応可能ではありますが、緊急対応は難しい場合があります。二次再建等は可能です。
また、外傷後の変形治癒や骨髄炎、創離開などの後遺症に対しても、マイクロサージャリー(顕微鏡を使用した手術)や創外固定などを駆使した治療を行うことが可能です。神経損傷など、マイクロサージャリーを要する外傷に対しても治療、手術対応が可能です。
gaisyou01.png gaisyou02.png
gaisyou03.png  

  • 下肢
股関節:骨折、臼蓋形成不全、変形性股関節症、大腿骨頭壊死の加療に精通した常勤医がおります。人工股関節置換術も施行しております。
kasi01.png kasi02.png

膝関節:人工膝関節置換術、半月板損傷、靱帯損傷に精通した専門医が勤務しております。
kasi03.png

足部疾患:外傷、外反母趾、陥入爪に対しての加療も可能です。
kasi04.png kasi05.png
kasi06.png

  • 上肢
肩:五十肩、インピンジメント症候群、腱板断裂などに対して、保存的治療、手術治療を行っております。
肘:外傷、肘部管症候群(小指、薬指のしびれ)、テニス肘(肘から前腕の疼痛)、変形性肘関節症などに対して治療を行っております。肘関節鏡手術も施行しております。
jousi01.png

手:外傷、変性疾患、腫瘍など、幅広い疾患に対応可能です。日本手外科学会専門医が2名常勤しております。
腱鞘炎、手根管症候群に対する手術は、入院を要しない外来手術を積極的に行っております。
専門的な加療が必要な、屈筋腱断裂、伸筋腱断裂、キーンベック病(月状骨軟化症)、舟状骨偽関節、TFCC損傷に対しても保存的加療、手術加療が可能です。手関節鏡手術も施行しております。
デュプイトラン拘縮に対する酵素注射療法も適正講習を修了しており、手術、酵素注射療法の両方に対応が可能です。
jousi02.png jousi03.png
jousi04.png

  • 腫瘍性疾患
主に良性腫瘍に対する治療に対応が可能です。専門的な加療が必要になる部位の腫瘍や、悪性などが疑われる場合には、大学病院などの専門機関に紹介することがあります。

  • 脊椎
脊椎の変性疾患は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症が代表的なものです。一般的な除圧手術、固定手術は行っております。特殊な疾患については必要に応じて大学病院や関連病院と連携をとって治療を行うこともあります。
sekitui01.png sekitui02.png