整形外科

当科の特徴
高齢化社会を迎え、腰痛、骨折など整形疾患の治療はさらに重要性を増しています。当科の特徴として、心臓の病気や糖尿病、血液透析など、整形外科以外の疾患を持った方々が多く来診されることが挙げられます。これらの方々が安心して手術治療を受けられるよう、担当科の先生方と連携しながら診療を進めています。
 首や腰などを扱う脊椎・脊髄外科では、日本に数台しかない術中移動型CTであるO-armとナビゲーションシステムを組み合わせ、最大限安全に配慮した手術を行うことを心がけています。さらに最先端技術の低侵襲腰椎前方椎体間固定術(OLIF、XLIF)により、難易度の高いとされる脊椎変形(側弯症、後弯症)や脊椎外傷、脊椎感染症で、より低侵襲で安全に治療することを目指します。また、脊損センターを設立し、再生医療を駆使した最先端医療を提供し、救命・救急治療から慢性期のリハビリテーション・社会復帰に至る高度かつ包括的な脊髄損傷医療の普及に努めます。
 股関節や膝関節を扱う関節外科では、人工関節置換術に必須な無菌手術室を完備しています。股関節の変形性股関節症や特発性大腿骨頭壊死症、関節リウマチなどの疾患に対する人工股関節置換術では、筋肉を極力痛めない前側方侵入法を用い、術後の疼痛の軽減や脱臼の危険性を低下させ、より低侵襲で安全に治療することを目指しています。使用する人工関節は、患者さんの骨質や骨の形態により骨温存型のセメントレスタイプを使い分けています。膝関節の変形性膝関節症や関節リウマチなどの疾患に対する膝関節置換術では、ナビゲーションシステムの併用や、患者さんそれぞれの術前の状態を考慮したハイブリッドタイプの人工関節を選択しています。
 また、いずれの分野においても、術後早期の社会復帰に向けて、リハビリテーション部門との連携を密にしています。
対象疾患・治療
治療対象疾患
  • 脊柱変形(側弯症・後弯症-「腰曲がり」)
  • 腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア
  • 変性すべり症、腰椎分離・すべり症
  • 胸腰椎椎体骨折(骨粗鬆症、外傷)
  • 頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症
  • 頚椎後縦靱帯骨化症、
  • 頚椎損傷
得意とする治療
  • 脊柱変形(側弯症・後弯症)に対する矯正手術
  • 腰部脊椎管狭窄症、椎間板ヘルニアに対する除圧術
  • 腰椎変性すべり症、分離・すべり症に対する除圧固定術
  • 頚椎症性脊髄症、頚椎後十靱帯骨化症に対する椎弓形成術
  • 頚椎椎間板ヘルニアに対する前方除圧固定術
  • 頚椎損傷に対する前、後方固定術
最新医療機器
  • O-arm