最新の整形外科治療

ロボット技術も駆使した最新のリハビリテーション
seikei01_01.jpg
最新の整形外科治療とは
当院では、最新の知識と豊富な経験を持ち、専門化したスタッフが一致協力して、様々な脊椎・脊髄疾患でお悩みの患者さまに、安全で良質な医療を提供します。国内でもまだ導入実績の少ない最新の術中移動型CTシステムであるO-arm(Type2)とナビゲーションシステムとの組み合わせにより安全で高度な手術を提供します。また、最先端技術の低侵襲腰椎前方椎体間固定術(OLIF、XLIF)により、難易度の高いとされる脊椎変形(側弯症、後弯症)や脊椎外傷、脊椎感染症で、より低侵襲で安全に治療することを目指します。さらに、下肢の動きをアシストする最新のロボットシステム等による最新リハビリテーションを提供しています。
当院で行う治療
最先端のナビゲーション手術
ナビゲーション手術とは
整形外科では、低侵襲で正確な手術を実現するために最新の技術を駆使したナビゲーションシステムによる手術を行います。低侵襲手術として認知されている内視鏡手術では、内視鏡のカメラの範囲でしか患部の状況を把握することができませんので、患部周辺状況は分かりません。例えば、患部を切除するような場合の切除範囲などは内視鏡カメラの映像だけでは判断が難しいものです。ナビゲーションシステムはCT画像等を読み込んで車のナビゲーションのように体全体の中での幹部の位置情報や、目視ができない術野の周辺などを確認することができるため、都度のX線透視が不要となり高精度で安全な手術ができるようになります。
O-armによる超高精度ナビゲーション手術
当院では、最新の移動型デジタル式汎用一体型X線透視診断装置である「O-armイメージングシステム(タイプ2)」と最新のナビゲーションシステムを組み合わせて導入しています。
従来型のナビゲーションシステムでは手術前のCT画像を読み込んで計画を立て手術を行っていましたが、術中にどうしても誤差が生じてしまうため、術中に適宜X線透視を行わざるを得ず、術者も含めた被ばくや時間がかかるなどの課題がありました。O-armの導入により手術中に3次元の透視画像が可能となり、リアルタイムでナビゲーションシステムに正確な情報を提供します。これにより、ナビゲーションシステム上での位置のずれは極めて少なると共に、被ばくを低下させることができ、また手術時間の短縮にもつながります。これまでは難易度が高く困難と考えられていた手術にも対応が可能となります。
低侵襲腰椎前方椎体間固定術
低侵襲腰椎前方椎体間固定術(OLIF、XLIF)とは?
これらは海外での実績は多いですが、国内では一部の病院のみでしか行われていない先進技術です。一般的な錐体固定術は背中側からアプローチするため、周辺の筋肉組織に少なからずダメージがありからだへの負担が大きいものです。それに対して2012年に日本に導入された、腰椎前方固定用のケージによって腹部の横数センチの傷から挿入することが可能になりました。この手法により後方からだと避けられなかった筋組織へのダメージを最小限に抑えることが可能となり、京都大学医学部付属病院などの国内でも最先端の病院で積極的に実施されています。
当院でもこれら最先端の技術を用いて、難易度の高いとされる脊椎変形(側弯症、後弯症)や脊椎外傷、脊椎感染症で、より低侵襲で安全に治療することを目指します。
その他の療法
将来的には最先端の治療である再生医療を導入し、脊髄損傷や変形性ひざ関節症などの疾患に適応していくことを目指します。
対象となる疾患
  • 脊柱変形(側弯症・後弯症-「腰曲がり」)
  • 腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア
  • 変性すべり症、腰椎分離・すべり症
  • 胸腰椎椎体骨折(骨粗鬆症、外傷)
  • 頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症
  • 頚椎後縦靱帯骨化症、
  • 頚椎損傷
高度医療機器
  • O-arm