脳神経外科

medical20_01.jpg
当科の特徴
脳神経外科外来を訪れる患者さんの症状は多種多様です。頭痛、めまい、手足のしびれ・痛み、手足の脱力・筋力低下、手足のふるえ、顔面の麻痺や顔面の痛み、意識消失、けいれん、物忘れ、視力低下など多岐にわたっています。
治療を急がなければ重い後遺症をもたらす場合も少なくありませんので、診断にあたっては、患者さんに苦痛を与えることなく、速やかにかつ的確に症状の原因を見つけ出すのが私どもの任務です。
当科では、脳卒中に対して、質が高く最先端の急性期治療を24時間提供することで、地域住民の方々の救急医療に貢献し、脳卒中後遺症の軽減、早期の社会復帰を目指した医療を提供していきます。
また神の手と称される福島孝徳先生をお迎えし困難な症例に対しても高度な手術を提供してゆきます。
最先端の脳血管造影装置を用い、熟達した術者による脳血管内治療と、最高の技術を持った脳神経外科医による、キーホール手術に代表される低侵襲手術、頭蓋底手術の双方を高度なレベルで実施する事が可能なため、患者様の立場に立った最良の医療を提供する事ができます。
脳腫瘍に関しては、手術治療、化学療法、最先端放射線治療を用いた高度な集学的治療を一施設で完結し実施することが可能で、患者様の生活の質を高めながら治療可能な医療を提供していきます。
また、IVR-CT装置、定位的放射線治療装置、術中MRI, 術中CT, 術中脳血管撮影装置、化学療法室などの、最先端の設備が完備されており、最良の環境で医療を実施していきます。

最新医療機器
  • IVR-CT
  • 術中MRI
  • O-arm
  • サイバーナイフ

メディア掲載