トモセラピー(Tomo Therapy TomoHD System)

切らずに治す、CTによる位置合わせで正確な治療
tomo.jpg
トモセラピーとは
トモセラピーの最新型であるTomoHDシステムは道内初導入です。毎回の照射の直前に一体となったCTで位置合わせを行い、複雑な放射線治療でも正確に照射できます。
トモセラピーの特徴
当院では新鋭の放射線治療装置であるトモセラピーシリーズ最上位機のTomoHD System(Accuray)を設置しました。最新型のトモセラピーHDとしては国内13台目となります。トモセラピーは画像誘導下で行うことが一体となった強度変調放射線治療(IGRT-IMRT)専用機です。毎回の照射の直前に一体となったCTで画像を撮り、その画像に合わせて照射します(イメージガイド放射線治療:CT-IGRT)。強度変調放射線治療(IMRT)は、ひとつの照射位置から標的の場所ごとに別々の量のX線を細かく打ち分ける技術です。これによって正常組織への線量を絞り込み、がん治療に多くの線量を集中させられます。なかでもトモセラピーは、超高速で細かく打ち分ける能力で群を抜いています。これによって従来の2次元、3次元、あるいは他のIMRT、他のIGRT-IMRTの治療装置が及ばない精緻で美しい線量の分布を提供します。
対象となる症状
悪性腫瘍
原発性・転移性問わず 頭頸部がん、前立腺がん、乳がん、脳腫瘍、肺がん、肝臓がん、胆管がん、直腸がん、胃がん、膵臓がん、膀胱がん、悪性リンパ腫、骨髄腫、転移性骨腫瘍 等
良性腫瘍
脳脊髄動静脈奇形 等
患者さんのメリット
トモセラピーの一回の治療にかかる時間は、ひとつの治療範囲や部屋の数によって異なります。毎回のCTの撮影と確認を含めて、一か所およそ20分が標準目安です。通常、入院は必要ありません。

r_center_bnr.png