IVR-CT装置

正確で安全な手術をめざして
ivrct.jpg
IVR-CTとは
IVR-CT 装置は X 線により体内部をリアルタイムに透視・撮影する血管 造影装置と体内部の精密な断層画像が撮影可能な CT 装置が一体となった装置です。 
IVR-CTの特徴
これまでは治療の途中でCT撮影が必要となった際に、CT室へ移動を行い検査を受ける必要がありました。しかし、IVR-CTでは透視下で検査・治療を行っている手術台上でCT撮影を行うことができるため、移動に伴って発生するリスクや患者さまの負担を軽減することが可能となりました。
CT 装置の特徴としては 64列スライディング型 CT 装置で、最新のアプリケーションにより低被ばくの実現と、高画質で広範囲の3Dデータの取得が可能です。
透視装置にはフラットディテクター(FD)が搭載されており、大きな視野で高 精細画像をリアルタイムに見ることが可能です。 
対象となる症状
脳血管内治療(脳動脈瘤、脳血栓症、頸動脈狭窄、硬膜動静脈瘻など)
血管内治療(狭心症、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症、大動脈瘤など)
患者さんのメリット
一般的にイメージされる外科的手術のように大がかりな切開を加えることなく、多くは局所麻酔下に数ミリの皮膚切開を通して手技を行いますので、全身への負担が少なく、入院期間も短縮できるなどの利点があります。
また最新の装置により、低被ばくでの検査が可能です。